読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーザーフェイシャル

f:id:higarhi43:20160518174005j:plain

レーザーフェイシャルという施術をご存じでしょうか?

この治療方法は、レーザーを顔全体に照射することにより、皮下のコラーゲンの生成を促してシミ、ソバカス、ニキビ跡、くすみなどを改善するための方法です。

では、一般的に行われているレーザー治療とは、なにか違いがあるのでしょうか?

一般的なレーザー治療とはココが違う!

レーザー治療を受けたご経験をお持ちの方であれば、まず、このような疑問が湧くのではないでしょうか?

顔全体に照射ということは、顔全体にかさぶたができる!?

ピンポイントでシミやアザなどの改善を行うレーザー治療は、治療後数日間で照射部分にかさぶたができ、自然に剥がれ落ちたあとに新しい皮膚が出現するという特徴を持っています。

ですが、レーザーフェイシャルは弱いパワーでゆっくりと照射を行い、ジワジワと効果が現れてくる方法ですので、従来のレーザー治療のようにかさぶたができることはありません

また、ダウンタイムがありませんので、日常生活に支障をきたす心配もありません。この部分が、レーザーフェイシャルと一般的なレーザー治療の大きな違いです。

また、産毛の脱毛効果も期待することができますので、お肌を傷めることなく産毛脱毛を行い方にも適している治療法であると考えることができます。

レーザーフェイシャルは肝斑治療もOK?

肝斑は特殊なシミであるため、従来のレーザー治療では、症状を悪化させる恐れがありました。

レーザーフェイシャルは弱いパワーでレーザーを照射して行く方法であるため、お肌の負担を最小限に抑え、肝斑治療にも適しています。

また、間後名ニキビ跡も、繰り返し治療を行うことにより、徐々に目立たないレベルにまで回復させることが可能、現在できているニキビの改善効果も期待することができます。

お肌に負担をかけることなくレーザー治療を行い方は、この機会にレーザーフェイシャルでの治療を検討してみてはいかがでしょうか。