読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPLレーザー

f:id:higarhi43:20160518174548j:plain

シミやニキビ跡、シワ改善の治療といえば、レーザー治療が有名です。

そしてもうひとつ、IPLレーザーという方法があり、これは肌レーザーやフォトフェイシャルとも呼ばれています。

また、これらの治療方法は、それぞれに異なった特徴を持っています。

それでは、一般的なレーザー治療とIPLレーザーはなにが違うのか、簡単にご説明させて頂くことにしましょう。

レーザー治療とIPLレーザーの違いとは?

まず、レーザーにはルビーレーザー、アレキサンドラレーザー、ダイオードーレーザー、ヤグレーザー、炭酸ガスレーザーなどに分類され、それぞれに波長が異なります。

そしてこれらの波長を持ったレーザーは、目的に応じて使い分けられます。

また、レーザーはメラニン色素の黒色に反応する性質を持っており、この性質を利用して行われるのがレーザー治療です。

レーザー治療はシミ改善などの美肌効果だけではなく、医療脱毛に応用されていることでも知られていますね。

では、IPLレーザーとはいったいどのようなものなのでしょうか?

レーザーとは異なった波長を持つ光をIPLと呼び、レーザーがピンポイントで黒色に反応するのに対し、IPLはピンポイントで黒色に反応するものではないため、広範囲に渡って照射を行うことができるという特徴を持っています。

つまり、広範囲に渡る治療を希望する場合には、レーザーよりもIPLレーザーのほうが適しているということですね。

IPLもまた脱毛に応用されていますが、IPLによる脱毛は、医療機関ではなく、サロンで取り扱うことが多いようです。

肌の状態で使い分けましょう

ピンポイントで現れたシミに対してはレーザーでの治療が適していますが、顔全体のトーンを明るくしたいなど、範囲の広い治療の場合ではIPLが適しています。

レーザーとIPL、どちらにしようか迷ったら、あなたの目的がどこにあるのか考え、適切な治療方法を選びましょう。