読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルートーニング

シミ レーザー治療法

f:id:higarhi43:20160518174735j:plain

美白のレーザー治療を受けてみたいけど、レーザーは痛いらしい。

このような理由でレーザー治療をためらっている方、ブルートーニングという方法ではいかがでしょうか?

ブルートーニングとは、一般的なレーザー治療よりもパワーが弱く、お肌への刺激が弱いため、痛みに弱い方に適したレーザー治療です。

プールートーニングの効果について

ブルートーニングは、弱いパワーで治療を行いますので、お肌が受ける刺激は最小限、痛みの最小限で行うことのできる治療方法です。

また、エネルギーをムラなく均一に皮下に届け、ゆっくりと少しずつ美白効果が現れてくるという特徴を持っています。

また、ブルートーニングは真皮層にまで届きますので、真皮層のコラーゲン生成に役立ち、お肌のハリやキメを整える効果や毛穴の開き改善効果などを期待することができます。

太田母斑にも効果あり!

ブルートーニングは、太田母斑の改善にも役立ちます。それではここで、太田母斑について少しだけ触れておくことにします。

・太田母斑とは…頬骨を中心として、目の周囲などに払われる斑で、青色や茶色の細かい点が集まってひとつの斑を作っている状態です。

太田母斑はメラニン色素の異常によって起こる病気ですが、詳しい原因については、現在のところ解明されていません。

また、太田母斑の治療は美容目的ではなく、病気治療として扱われますので、ブルートーニングも保険適用となります。

ただし、医療機関によっては保険適用外となることもありますので、ブルートーニングでの治療希望される方は、事前に確認しておくとよいでしょう。

ブルートーニングの注意点

治療を受ける2週間以内に日焼けをした方、妊娠中またはその可能性のある方は、ブルートーニングでの治療を受けることができません

また、治療後のお肌は紫外線に過敏に反応しますので、必ず紫外線対策を行って下さいね。メイクは治療の翌日からOKです。