読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルビウム・ヤグレーザー

シミ レーザー治療法

f:id:higarhi43:20160518174952j:plain

いつの間には見覚えのないホクロができていた。

このような経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

これがただのホクロであれば、できてから年数が経過しても見た目の変化が現れませんが、そのホクロが徐々に大きくなって行くようであれば、それは皮膚ガンである可能性が濃厚です。

ところが、ホクロと皮膚ガンの見分け方は難しく、素人の場合ではガンであってもそれを見逃してしまう可能性もあります。

ホクロができて、それが少しずつ成長しているようであれば、エルビウムヤグレーザーなどの治療で、いち早く解決することが大切です。

エルビウムヤグレーザーとは?

従来の炭酸ガスレーザーの約10倍の給水力を持ち、周辺組織への影響がほとんどないといわれている治療方法です。

また、炭酸ガスレーザーも傷跡が残りにくい治療方法として知られていますが、エルビウムヤグレーザーは、炭酸ガスレーザーよりも綺麗に仕上がるため、できる限り傷跡を残したくない!という方におススメの治療方法です。

注意したいのはこのようなホクロ

次のようなホクロがある方は、皮膚ガンを疑う必要があります。

 

・子どもの頃からあったホクロが、徐々に大きくなってきた。

または色や形が変化した ・新しいホクロができて、徐々に大きくなっている。

 

・ホクロの色が濃い、形がいびつ、色にムラがある ホクロにこのような変化が現れても、それが即座に皮膚ガンであると判断することはできません。

 

ホクロにこのような変化が現れたのであれば、まずは専門医による診断を受けましょう。

ホクロ治療は保険適用

皮膚がんの疑いのあるホクロ治療の場合では、保険が適用されます。

ただし、同じエルビウムヤグレーザーを使用した治療であっても、美白などの美容を目的とした治療を行う場合では、保険適用外となりますので注意して下さいね。