読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビーレーザー

f:id:higarhi43:20160519101540j:plain

お肌への負担を最小限に抑えたレーザー治療をお望みなら、ルビーレーザーではいかがでしょうか?

ルビーレーザーは、一般的なレーザー治療と同様に、シミの改善やホクロ、アザ治療にも対応していますが、この限りではありません。

実は、ルビーレーザーは表皮性の疾患だけではなく、後天性真皮メラノサイトーシスなどの真皮性のアザ治療や、脂漏性角化症にも対応するレーザー治療です。

ルビーレーザーの治療の仕組み

ルビーレーザー治療の特徴は、黒色や青色、茶色などの色素の反応するレーザーの特性を生かし、レーザーによって破壊された色素を体内分解、かさぶたとして体外に排出させるところにあります。

また、レーザー治療は全般的に痛みを伴うことが多く、ルビーレーザーもまた、治療中に痛みを感じることがあります。

その際には、希望により麻酔の使用も可能ですので、事前に医師に申し出ておくとよいでしょう。

また、ルビーレーザーは1回の治療で効果を実感することができる確率が高く、通院回数を最小限に抑えることができるというメリットを持っています。

これであれば、経済的な負担も軽くなりますので助かりますよね。

ルビーレーザーの注意点

ルビーレーザーによる治療を受ける前は、日焼けをしないように注意して下さい。

日焼けをすると、その部分にレーザーが強く反応することがあり、施術後に腫れなどの症状が現れることがあります。

治療後数日以内にかさぶたができますので、無理に剥がさないよう注意しましょう。

治療後には保護テープが貼られますので、このテープを剥がさないように注意すればokです。

また、入浴や洗顔は普通に行うことができますが、患部のメイクは医師の指示が出るまでは避けます。

かさぶたが剥がれたあとは、一時的に色素沈着のように治療跡の色が濃くなることがありますが、これは3カ月~6カ月前後で自然に消滅しますので、心配はありません。