読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎症性色素沈着

f:id:higarhi43:20160519105555j:plain

シミは、多かれ少なかれ紫外線の影響を受けて現れやすいと考えられています。

ところが、紫外線の影響ではなく、お肌の状態によって現れるシミもあるんです。

それは、炎症性色素沈着と呼ばれるもので、外部からのさまざまな刺激が原因となって現れます。

炎症性色素沈着の原因について

・火傷やニキビ跡 火傷もニキビも、お肌にとっては大変な刺激を受けることになり、修復段階で色素沈着が起こり、それがシミとして残ってしまうことがあります。

 

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患 重症度の高いアトピー性皮膚炎の場合では、メラニンが真皮にまで達していることが考えられ、ターンオーバーが困難な状態となっています。

そして、それによって色素沈着が起こります。

また、汗などの物質によって湿疹が起こった場合でも、同様の理由により、シミができることがあります。

 

・化粧品による刺激 特にアルコール成分などの化学合成物質が配合されている化粧品によってお肌に炎症が起こると、その部分に痒みが現れて掻いてしまうことがあります。

そして、その刺激を受けた部分に色素沈着が起こり、シミとなってしまうことがあります。

 

・ナイロンタオルによる刺激 硬いナイロンタオルを使用し続けていると、お肌が炎症を起こしてその部分に色素沈着が起こりやすく、シミとなることがあります。

炎症性色素沈着の改善方法

セルフケアとしては、なるべくお肌に刺激を与えないように注意しながら、美白・保湿成分配合の化粧水や乳液、クリームなどによるケアが挙げられます。

また、美容皮膚科などの医療機関ではケミカルピーリングやレーザー治療、光治療などがあります。

これらの方法はそれぞれに異なった特徴を持っていますので、医療機関での治療をご希望の場合では、まずカウンセリングを受け、治療方法について確認してみましょう。