読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老人性色素斑(日光黒子)

シミの基礎知識

f:id:higarhi43:20160519111015j:plain

シミにはさまざまな種類がありますが、中高年以上の年齢になると、老人性色素斑(日光黒子)というシミができやすくなります。

若い頃にはまったく現れていなかったのに、40代を過ぎて頬や手などに突然褐色のシミが現れたのであれば、それは老人性色素斑(日光黒子)であると考えてまず間違いはありません。

では、老人性色素斑(日光黒子)は何が原因で起こり、どのような対策を行えば改善することができるのでしょうか?

老人性色素斑(日光黒子)の原因とは?

紫外線による肌老化が主な原因です。

強い紫外線を浴びると、私たちのお肌は炎症を起こし、それが落ち着くと今度は色素沈着という形で残ります。

そしてこのときに、お肌のターンオーバーが正常な周期で繰り返されていたのであれば、28日前後で徐々に元の状態に戻ります。

もしターンオーバー周期に異常が起こっている場合では、いつまでたっても元の状態に戻らず、部分的な色素沈着、つまりシミとして残ることになります。

また、その場では元の状態に戻ったとしても、紫外線が真皮層にまで達していた場合、30代以降の年齢になったときに、老人性色素斑というシミの形で現れてくることもあります。

老人性色素斑(日光黒子)の解決策について

ビタミンC誘導体配合の保湿化粧水でケアを行ってみましょう。

また、市販のピーリング剤の使用も効果的です。

ご自身によるケアで老人性色素斑を改善することができない場合では、美容皮膚科で受けることのできるイオン導入+ビタミンC誘導体美容液でのケアや、ケミカルピーリングレーザー治療などの方法があります。

老人性色素斑を放置しておくと、やがて脂漏性角化症というイボに変化してしまうこともあります。

老人性色素斑かもしれないと感じたのであれば、できる限り早めにケアを開始することをおススメします。