読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シミの予防法と対策

f:id:higarhi43:20160519111515j:plain

できたばかりのシミであれば、時間を置かずに適切なケアを行うことにより、高い確率で目立たないレベルにまで改善することができます。

ところが、できてから長期間が経過したシミの場合では、短期間での改善が難しい場合もあります。

つまり、できるだけシミを作らない工夫を行うことが得策であるということです。

それでは、シミの予防方法と対策について考えてみることにしましょう。

活性酸素を増やさない

なにかとストレスが多い現代社会に生きている私たちの体内は、活性酸素が発生しやすい環境となっています。

ではなぜ、ストレスが多いと活性酸素が発生しやすくなるのでしょうか?

私たちがストレスを感じると、副腎皮質という部分から副腎皮質ホルモンが分泌されて、ストレスを緩和しようという働きが強まります。

そして、その際には活性酸素も同時に発生して体内のビタミンCを大量に消費しますので、結果としてシミができやすくなります。

 

つまり、ストレスからできる限り身を守ることが、シミ対策につながるということです。

紫外線をブロックする

紫外線はUV-AとUV-Bに大別され、UV-Aは日焼け、UV-Bは色素沈着の原因となります。

紫外線は3月後半からどんどん放射量が増え、5月~9月までは特に強い紫外線が降り注ぎます。

また、紫外線は曇りの日であっても間違いなく地上に届き、私たちのお肌にダメージを与える原因となりますので、常に日焼け止めクリームなどでブロックする必要があります。

また、日傘やサングラス、手袋など、現在では費やれ止めグッズが数多く販売されていますので、必要に応じてそれらを使い分け、紫外線からお肌を守りましょう。

また、案外日焼けしてしまいがちなのが頭皮です。

海やプールなど、特に強い紫外線を浴びる可能背の高いシーンなどでは、頭皮と髪専用のスプレーの使用が便利です。